2018.5.21

どうも!
ドラムのサオリです。

 


突然ですが私、ドラマーになる前はベーシストでした。
めっちゃヘタレですけど…
ドラマーに転向して約3年ですが、ようやく形になってきたかな~と感じてる今日この頃です。

 


ちなみにベースは放置してます。
ここ2年ぐらいは、まともに触ってません。
自分が弾く側としては、すっかり興味を失いました。
ネックも反ってるかもしれないけど、そもそもケースから出してません。
…かわいそうかも(笑)

 

 

 


ドラマーに転向した理由は単純です。
ただバンドがやりたくてメンバー探してるだけなのに、いつもドラマーでつまづくからです。
いいドラマーだと思っても断られることが大半でしたが、加入しても3ヶ月で辞めたり、話のキャッチボールができない人だったり、人間的に問題ありの人や金銭的にだらしない人とか…

 


私はバンドがやりたいだけ。

自分がドラマーになれば他のメンバーは見つかるのか?

 

と思って転向してみました。

 

 

 


ドラム自体は中学時代に吹奏楽部で少し触ってましたが、ぶっちゃけテキトーでした。
いい指導者もいなかったので、今思うと間違った情報や技術が受け継がれていて…
それをさらにテキトーにこなしていたから上達するわけもなく、本腰入れて勉強・練習する気にもなれず。
まさか○年後の今、こうして本腰入れることになろうとは夢にも思いませんでした。
それと同時に、曲がりなりにも当時から続けていたら…と少しばかりの後悔があります。

 


ただ本当に当時からドラムを続けていたら、今やってるバンドメンバーとも出会ってないだろうし、fuddsも結成されてなかったであろうことを考えると本当の後悔ではないです。
何かひとつでも歯車やボタンの掛け違いがあったら《今》に至ってないわけですから…
そーゆー意味では何ひとつ無駄はなかったかな~と。

 

 

 


ドラマーとして、まだまだ未熟な私です。
コレできます!と胸を張って言えることの方が少ないです。
でもバンドでドラム叩くのがホントに楽しくて、生きててよかった!と思えます。
↑大袈裟(笑)

 


『習うより慣れ』のタイプなので、ちゃんと誰かに教わったことは一度もないです。
ひたすら叩く!というスタンスで自己流の練習してますが、そんな中でも気づいたり学べることもあって…
ドラムをやってる今、めちゃくちゃ楽しいです!
転向して正解!と自分の判断をホメてあげたいぐらいです(笑)

 

 

 


大したオチはないんですが…
まずは自分が納得できるドラムを叩けるようになりたいです。
そして誰かに『いいドラム叩くね、いいドラマーだね』と言われたら嬉しいな~なんて思ってます。
天の邪鬼なので『巧くはないけど…なんかイイね』ってぐらいが一番嬉しいかも(笑)