人との縁。

こんにちは、サオリです。


先日のライブでfuddsファンになってくれた方がいるようです。
ライブ後に声かけてくださり、Twitterもフォローしてくださいました。
初めてガチのファンができてテンション上がってます。
本当にありがとうございます。
大変喜ばしいことです。
↑文面は冷静を装ってます(笑)

 

 


私は今、いくつかバンドを掛け持ちしてます。
その中でfuddsよりもガツガツ動いてるバンドがありまして。
一応ヘルプのつもりなんですが、ほぼ正式メンバーじゃね?という雰囲気です。
月1ライブをやりたい!というバンドの方針に、私が都合つく限り合わせてるので。
むしろ私の都合に合わせてライブの予定を決めてたりして…(笑)

 


そのヘルプバンドは、私を含めた3ピースのガールズバンドです。
たまたまガールズバンドになっちゃったというだけで、狙って女性オンリーにしたわけではないです。
本当はギタリストを入れたいという話を聞いたんですが、今のところは3人で動いてます。

 

 


ヘルプバンドの他2人は付き合いも長くて、10年ほど前まで別のガールズバンドをやってました。
2人との出会いのきっかけは、私がそのガールズバンドのファンになったことでした。
当時の私はバンドも楽器も一切やってなくて、完全なリスナーで…
そして『ステキなバンドのライブ写真を撮る』ことが趣味で、そのガールズバンドも写真を撮らせてもらってました。
いわゆる、バンドとファンという関係だったんです。

 


そのヘルプバンドで、ひょんなことから昔のガールズバンドのコピーをする話になりまして。
ライブに来る某お客さんに向けてのサプライズとして用意したいとのこと。

 


先日スタジオで初めて合わせて、録音した音源を聴いてみたんですが…
なんだか感慨深くなりました。
感慨深いというのか、夢見心地というべきか。
とにかく不思議な気持ちになりました。
思い起こせば10年ほど前、ライブに通ってた好きなバンドの曲を自分が今ドラム叩いてるわけですから。
ライブに通ってた当時は、こんな未来を1ミリも想像してませんし…

 


そのガールズバンドの曲、やっぱりカッコイイんです。
10年ぶりぐらいに聴いたんですけど、もっとやりたい!と思ってしまったほど。
サプライズ用として1曲だけという話ですが、スタジオでは遊びで+2曲やってみて、それもまあイイ感じ?とか個人的には思ったり。
シンプルな曲なので、すぐ完成しそうなんです(笑)
だから、もっとやりたい!なんて思ってしまって…

 

 


しかし人の縁って不思議ですよね。
どこでどう転がるかわからないな~と改めて思いました。
先日のライブも、初めはドラマーとしてヘルプで参加してくれないか?とのお誘いだったし。
それをfuddsで出たいと交渉して、出てみたらファンになってくださった方がいて…
地味に細々と、縁がつながってる気もしてます。

 


まだまだバンド仲間が少ないので、いろんなバンドさんと対バンして縁を広げていきたいです。
そしていつか《fuddsのバンド仲間》を集めてイベントやってみたいな~とか思ったりしてます。
そのときは前みたいに私が3ステージとかじゃなくて、ちゃんとfuddsだけに専念したい!!(笑)

 

明日のライブでも何かしらの縁がつながるといいなぁ~。

えあ〜ず

どーもですオサムです、お久しぶりです。

私事ですが実はここ最近、色々な生活の変化があり中々ブログを更新出来ないでいました、、さーせん!!

まぁ誰も見てないケドさ…サーセン!!!

 

9月30日にライブして参りました!

そう!僕が人生初ライブをやった、あの北浦和エアーズでございます!

10年越しですよ!

いや〜、と言いますか、、こんだけ飽き性な僕が10年経っても今だにギターやってる事自体が驚きです笑

 

それにしてもエアーズさんはなんにも変わってなかった!!!

 

素晴らしい!!!笑

 

もう、お店入り口からフロアに向かう階段から扉まで全てが懐かしくてイチイチ感動してしまいました、、

それもエアーズスタッフの大島さんが覚えててくれてたんですよ、、!!

 

データでねっ!!泣

でも、いいんスいいんス

そんなのかんけぇねーんス

おれ、大島さん超好きっスから

 

とまぁ、言ってもエアーズさんはその後に何回か出た事がある程度なんですけどね…

でも人生初のライブハウスなもんなんで、そりゃ何となく匂いまで覚えてますよ笑

当時は本番前なんか、それはもう緊張緊張の嵐で控え室から一歩も出れなかったのに、、!笑

 

いや〜、、流石に10年という長い時の中でワタクシも少しは成長したんですかねぇ…

当時はあれだけ広く感じた控え室やステージが、心なしか少しだけ狭く感じました、、泣(感動)

それどころか

あ〜、ビール飲みてぇーー。

なんて事を控え室着いて早々にボソッと言おうもんなら、サオリ姉さんに怒られたのはここだけの話ですよ。

 

そして前回のライブ同様、演奏に関しては細かいミスは多々あったものの、楽しかったからオールオッケー!!笑

なんと言ってもfuddsは常に成長中ですから!!うん!そーゆー事!!笑

 

今となっては音楽に対して忘れてしまった漠然とした "何か" を持って帰って来れたような気がしました!

それから対バンして頂いた皆さんや台風予報の中、お越し下さった方々には感謝しかありません、、!!!

 

fuddsは日々精進致します!!

アザッス!!!

 

f:id:fudds:20181003082210j:image

思い出と音楽。

どうも、サオリです。


私、最近夜更かし癖がヒドすぎるんです。
0時過ぎると頭が冴えるようなかんじがあって、色々考え始めたり思いついたり元気になるので困ります(笑)
かといって不眠症みたいなことは全然ありません。
むしろ常に眠いし、いつでもどこでも眠れます(笑)

 

 


昔、大好きなバンドがいました。
10年ぐらい前に知人と対バンしたとき偶然ライブを見て、どハマりしました。
年間100本ぐらいライブをやってたバンドですが、そのうち97本ぐらいは行ってました。
メンバーと仲良くなりたい、近づきたいとかは全然なくて…
でも、それだけライブに通ってたら自然と話すようになってしまって…


残念ながら彼らは、私が出会ってから約1年後に突然解散しました。
私がバンドを好きすぎることをメンバーも感じてたようで、解散の理由は教えてもらえませんでした。
解散は10年も前のことですが、今でも理由は不明です。
少なくとも私は知りません。

 


そのバンドの音源を久しぶりに聴いてたんですが…
やっぱり、すげーカッコイイんですよ。
くそカッコよくてズルイと思っちゃうぐらい。
あんなバンドはいない!って今でも思うし、彼ら以上のバンドに出会えてないのも事実です。
少なくとも私はね。

 


そのバンドの音源を聴いてたら、なんだか色々と記憶が甦ってきて…
当時の感情とかライブに向かう道中の景色までも、おぼろげながら浮かんできて…
抽象的な表現だけど、諸々を含めた《当時の匂い》を思い出して感傷に浸ってしまって…
音楽と思い出って色濃くリンクしますね~。

 

 


そのバンドのメンバーさんは今、全員所帯を持ってバンドはやってない模様。
ベースさんとドラムさんは直接連絡取れるものの、連絡するネタがなくてモジモジしてます。
私がバンドやっててドラムに転向したことは伝えたんですけどね。
ライブに呼ぶのは…もっと精進してカッコよくなってから!と思ってるので、まだ無理です。

 

 


ホント大好きだったな~、あのバンド。
T川さんとM田さん、元気かな~。
連絡取れないU上さんも消息気になるな~。


ある程度、自分で納得できるドラマーになれたらライブに呼びますね。
↑絶対ココを見てないと思って書いてる(笑)

言葉の力。

どうも、サオリです。
しばらくぶりの更新ですいません。

 


最近、すごく気になることがあります。


【言霊】


言葉に魂が宿るって言うんですかね?
発した言葉が現実になるってヤツ?
コレ、絶対ありますね。
時期的にfuddsを始めた頃から言霊の力に改めて驚かされてます。

 

 


口にしたことが現実になるって、その表現だけだと魔法みたいですよね。
でも世間一般的にも『夢が叶う』とゆー表現もあるし、願望を口に出すことで道が開けるってこともあるのかもしれないですね。
目に見えないレールが敷かれるような…

 


今、とあるバンドにヘルプで参加してます。
ライブが決まってたのにドラマーが急に辞めてしまったと聞き、困ってるんじゃないかと思って私から『お手伝いしましょうか?』と連絡入れたんです。
このことはオサム氏にも報告してました。


そのバンドのメンバーさんから、継続してもらえないだろうか?との話がありました。
私は生意気にバンド掛け持ちしてても、まだ自分のドラムに全然自信を持てずにいるので、そーゆー話は素直に嬉しいです。
しかもそのバンド、自分にはレベル高いと思ってて『ヘルプで参加してるというより自分の修行のため』ぐらいに考えてます。
私はライブまでのヘルプ、ライブ後に改めてドラマーを探すだろう…と思っていたのに継続の話をされ、マジか!というのが第一印象です。

 


実はオサム氏と噂してた矢先のことだったんです。
あのバンドに継続してほしいって誘われたらどうしよう?って。
しかも、そんな話をしてた当日に連絡をいただいて…
ぶっちゃけ『はい来た、コレ言霊!!』と思いました(笑)

 


他にも細かいことが色々ありまして…


・あのライブハウスに出たい!と思ってたハコでのイベントに誘われた
・ライブやりたいな~と思ってたら声かけていただいた
・あのバンド、いいよね~と話してたら店で曲が流れた
・連絡しようと思ってた人から連絡が来た


こーゆーことが、タイミング的にfuddsを始めてから多々ありまして…
最近では何かあるとオサム氏とネタのように『はい、来たコレ!』と話してます。


ただ不思議なことに、下心があると実現しないんですよね~。
こうなってほしい!と思ってると何も起きません。
欲がなく発言してる方がいいんでしょうか?

 

 


今後は下心を意識せず口に出して、言霊の力を借りて精進したいと思います。
…ってか他力本願かよ!(笑)

ばんどぅ

 どうもOsamuです

 

バンドの活動方針って世のバンドやっている方達はどうやって進めているんでしょうか

 

fuddsは特にプロ思考ではないのですが、あくまで趣味だけど、やるからには全力でスタイルです。

でもこの ”プロ思考ではないけど” っていうのは一種の逃げと思われても仕方ないんだろうか

だってもしも何かの手違いでfuddsの名で売れるような事があれば、そりゃ何も反応がないよりかは嬉しいのも事実だもんな笑

 

人からの反応に本当に興味がなければ、ネットに音源をあげる事もライブをやることもなく、スタジオで音を合わせるだけだったり、極端な事を言えば山にでも篭って一人でただひたすらに音楽やってれば良いんだもんな。

そう考えると、少なからず自分達のやっている事を誰かに認めてもらいたいってのが正直な所なんだと思う。

売れる事に興味がないってのも事実なんだけど、何の為にバンドや音楽をやってるのかが重要なんだなきっと。

 

結論からすれば恐らく自分のためなんですよね

 

人を楽しませたいから音楽やってますなんていう綺麗事はまだまだ言う気はないけど、強いて言うなら、自分達のやっている音楽に対して先ずは自分達が納得できる形にしたい

その時に取り巻く環境がプロだろうがインディーズだろうが、無名のへたれバンドだろうが関係なくね。

これだけは自分の中で確信を持ってやっていきたい

そんな中で自分達の音楽を観たり聴いたりして頂けてる人達を巻き込んでいけたら最高かなーなんて。

なんかそれが一番面白そうだし。

 

てことでfuddsのライブは今の所、9月30日、10月13日と2本決まってますよー!

詳細はスケジュール、又はツイッターにて記載してますので超貴重なファンの方!

メッセージやご連絡お待ちしておりやす~~

いいものを安く。

どうもです。
ドラムのサオリです。


先日、ブログの記事にイイねをくださった方がいまして。
そのおかげでアクセス数が少~し伸びております。
今までは、ただブログを書いてるだけでしたが、どこかで見てる人が増えてることがわかると、やっぱり気持ちも変わりますね。
やる気出るような、ワクワクするような…


そんなわけで、ありがとうございます!

 

 


私はドラムという生音の楽器をやってることもあり、機材関係はサッパリです。
以前ベースをやってたときも信頼してる人の『コレ使ってみたら?』とか『アレを変えた方がいいかも』の言葉を鵜呑みにしてました。
その人は私の音の好みをよくわかってたので信頼してたんです。

 


世の中には、いろんな機材を使ってる方がいます。
複雑なものだったり、こだわりの1つだったり、安いものや高価なものも…
どこのメーカーの何がいいとか悪いとかは、私にはわかりません。
でも音を聴いて、イイな~と感じる音を出す人には興味が沸きます。
どんな機材を使ってるんだろう?って。
イイ音だな~ってのは私基準ですけどね。

 


ただ私、天の邪鬼な性格でして…
それゆえ高い機材を使ってる人には斜めに構えてしまう傾向があります。
高いヤツ使っとけば間違いないと思ってんでしょ?という、ひねくれた見方をするからです。


そりゃ高い機材が悪いわけないですからね。
メーカーもお金かけて作ってるわけで、ある程度はイイ音出るはずなんですよ。
でも機材の良さと音の良さは必ず比例するものでもないと思ってて…

 


前に、けして高くない楽器と無名のエフェクターを使ってる人がいました。
すごくイイ音を出すな~と思ったんです。
ワタシ的には、とっても心地よい音だと感じたし好きだな~って。
その方に話を聞いたらエフェクターは安いものを探したり手作りしてるとか…
楽器本体もバカ高いものではなくて、一般的なメーカーの普通のもの。
天の邪鬼な私は、そーゆー人の方が気になるしステキ!と思ってしまうんです。

 


その逆パターンの人もいました。
大してイイ音だとは思わないけど、実はけっこう高額なギターやエフェクターを使ってたという…
そんな高いギターや機材揃えて、その音!?と思いました(毒)

 

 


もちろん、楽器をやる人の腕もあるでしょう。
イイ音出せる人は何を使っても同じなのかもしれません。
どんな楽器や機材を使っても《その人の音》を出せるものなのかもしれません。
ただ基本的には、高い機材にこだわりすぎてる人は引いてしまうんです。

 

 


う~ん…
結局は《自分の音を出せる人》が気になるってことなのかな~。
あと、単純に高い機材にこだわる人も苦手かもしれません。
ブツブツ言ってる私こそ、楽器にこだわる前に腕を上げなきゃ!


オチのつけにくい話をして、ごめんなさい(笑)

習うより慣れる。

どうも、ドラムのサオリです。

 

梅雨が明けたら一気に暑いですね~。
暑いにも限度があるだろ!と言いたいですね~。
誰に言うんだって話ですが(笑)

 

 


前にもブログで書いてますが私、ドラムに転向して約3年です。
誰かに習う前に自分でできることを…と思って自己流で続けてきました。
で、まだ誰にも習ってません。
習うのが面倒になりました(え?)

 


バンドメンバーを探してるときに、いろんな方と出会いました。
その方たちに共通して言えることは…


誰かに習ったり、教室に通ってた人は頭が固い人が多い。


※あくまで私個人の見解です。

 

 

頭が固い、という表現は語弊があるかもしれません。
ただ教室に通ってたという人は、コピーをやるにしても譜面がないとドラム叩けない・譜面を起こすところから始めるとか、そーゆー方が何人かいました。
私はベースもドラムも耳コピなので、そう言われるとテンション下がるのが本音だったりして。


でもそれって、もしや習ったときのクセなのでは?と、あるとき思いました。
習ったときのクセがついてしまい、そこから抜け出せない…みたいな。

 


譜面を見るのも耳コピできないのも悪いって話ではないです。
そこも人それぞれなので。
ただ、習ったときのままでは成長しないのでは?と思ったりもします。
習って基礎を作って、その先は自分のやり方なりを確立していくと一皮むけるんではないかと。
そうするとオリジナリティも出てくるんではないかと。

 


逆に、誰からも習わずに独学でやってる人は個性が強いような気がします。
そして独学でやってきた人はホントにいろんなタイプがいるな~と。
コードがわからない・知らない・弾けないギタリストや譜面が読めないキーボーディストとか。
そういう型にハマらないやり方が個性を生むのかな~なんて思ったりもします。

 

 


そんなことを考えて『型にハマらないために人から習わないんだ!』という言い訳にしてるわけでもないです。
教えてもらえるアテはあるんですが、私にとって尊敬と憧れの方なので躊躇してるだけです。
あの方の前で叩くなら、もっと何とかせねば!と。
躊躇というより緊張してるだけですね(笑)

 


よし、もっと頑張ろうっと。